1. 個別指導塾ベストワン
  2. 大学入試改革

ベストワンについて

ベストワンについて

ベストワンについて ベストワンについて
  • NEW!! 天王町校
  • NEW!! 甲斐田新町校
  • NEW!! 天美校
  • NEW!! 中百舌鳥校
  • NEW!! 根津駅前校
  • NEW!! 瑞江校
  • NEW!! 川西駅前校
  • NEW!! 平井駅前校
  • NEW!! 津田沼奏の杜校
  • NEW!! 南平岸駅前校

塾ナビ
口コミランキング№1

(学習塾口コミランキング2017
東京都新宿区2017年4月24日現在)
www.jyukunavi.jp

大学入試改革

今回の大学入試改革の本来の目的は脱・ペーパーテストで、「各大学のアドミッション・ポリシーに基づく大学入学者選抜の確立」です。 「アドミッション・ポリシー」とは、直訳すれば「入学許可方針」のことです。 「大学ではこのような人物を求めているので、このような選抜を課す」と各大学が求める人物像を予め公表し、それにかなう生徒を様々な方法で選抜する入試です。 つまりできる限り一般入試もAO(アドミッション・オフィス)方式にすることが検討されています。 この流れに先行するように、東大と京大は 2016 年度から一部で推薦入試を導入するとしています。

今までのセンター試験のように1回のテスト結果で、しかも1点刻みの点数によって生徒の学力を測るのではなく、 複数回のテストを実施して本来の学力を到達度で測ることを目指しています。 特に英語は今までのような読み・書きだけに偏ったものではなく、4技能に基づいた世界標準の英語力を測定することが求められています。 そのため、すでにある資格試験の活用も挙げられました。

大学入試の英語は「読解力」を測る問題が中心になるので、学校ではどうしても読解中心の指導になってしまう。 また生徒の方も、話す力や書く力を伸ばそうと勉強することもなくなってしまう。

グローバル化に対応した
小学生からの英語教育改革
大学入試で4技能が必要になると高校や中学では、そちらも重視した指導を行うようになる。 また生徒自身も積極的に身につけようと努力するようになる。

また小学校低学年からの英語学習の開始と高学年からの授業化でより高度な英語力が求められるようになってくる。
英検やTOEFLなど民間資格試験を活用する方針
英検準1級で満点扱い?
英語の4技能を測るため、年に複数回英語のテストを実施するには、すでに4技能を測るためのテストを実施している外部検定試験を利用することが検討されています。 英検準1級を取得しているとセンター試験を満点扱いにするなども検討されています。
早めに英検などの資格を取得しておくことで、大学入試が有利になる可能性もあります。


ページトップへ